気になる人

ぼやいてみます。

最近、とっても気になる人がいます。

   日本大学理工学部教授
   宇宙エレベーター協会副会長
   青木義男

本気で宇宙エレベーターに取り組んでいます。

   宇宙エレベーターって何?
   アニメや映画、SF小説の中だけじゃないの?
   そんなの出来っこないじゃん、アホか!

このように思われるのは、普通の反応。
でも青木先生は本気で取り組んでいます。

「目先のことばかりとらわれていた昨今、
このような未来の大プロジェクトに妄想が爆発」
と青木先生はおっしゃっています。

しかし、青木先生は妄想だけでなくちゃんと形にしています。
ちゃんと形にすること、私は大切だと思います。
青木先生が啓蒙活動で宇宙エレベーターの説明に入る前、
1930年代のコンピューター開発を題材にした漫画の一場面を紹介するそうです。
資金調達で苦労している主人公が次のような言葉を発します。
「どうんなに小さくとも、どんなに祖末なものでもいい、
 実際に動くものを作ることだよ。
 白紙からでは想像することのできない石頭でも、
 拡大解釈ぐらいはできるはずさ」
宇宙エレベーター開発のアプローチ、
この考えがベースにあり、実践されています。
実際に動くものを作り上げていく。
格好いいですよね。

そんな青木先生を知り、3回お会いし、そして影響を受け、
私が関わっている地域の子供たちを巻き込み、
私たちも宇宙エレベーターに挑戦しています。
ちいちゃな一歩かもしれませんが、
まずは一歩を踏み出さなければ、次につながりません。


ニューヨークタイムズに
「飛行機械の発明は100万年か1000万年先のことだろう」
という記事が掲載され、その2ヶ月後にライト兄弟が飛行に成功。
さらにライト兄弟の初飛行から60数年後、人類は月面に降り立ちました。


人は妄想と馬鹿にするかもしれません。
でもこんな時代に妄想を描けるって、素晴らしいことだと思います。

でも、どうして先生にたどり着いたか?
これは次のぼやきで。


(河本)
スポンサーサイト
プロフィール

oyajiroommitaka

Author:oyajiroommitaka
【おやじの部屋・みたか組】
ブログサイトへようこそ!
カテゴリがメニューです。
そちらからご覧ください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
FC2カウンター
検索フォーム