【昼の部】餅つき大会・爽快・おやじのえほんよみきかせ(2010.1.23)

おやじの部屋・みたか組の2010年の活動始めは大忙しでした(汗)。



= 9:00~13:00 餅つき大会@西児童館 =

午前中は西児童館で行われた餅つき大会に
おやじの部屋・みたか組の6名のおやじが参加しました。

本当は「お手伝いしました」と書きたいところですが、
お手伝いになったのか怪しいので、
控えめに「参加しました」ということにします。

まず餅つき前の準備段階でのことです。

むさしのみたか市民テレビ局の取材もあり、
格好良く薪を割るおやじの姿をカメラに納めてもらおうと
ナタを手にとったのですが、全然薪が割れず、
あきらめてスタッフのお兄さんに交代してもらいました。トホホ。

釜に湯を沸かし、餅米が蒸し上がったら餅つきです!
DSC05985.jpg


餅をついたのは20年ぶりでしょうか、なかなか大変でした。
テンポ良く、ペタン!ペタン!とつけないし、腰は痛くなるし。
20年前は若かったので、もっと軽快につけた記憶があるのですが、
おやじには重労働ですね。
HIMG0673.jpg
(お餅をついているのはご近所のお父さん!西児童館、地域とつながっています!)


餅つきとあわせて「おやじシェーカーズ」も行いました。
数種類のフルーツジュースから子ども達に2つジュースを選んでもらい、
おやじがシェーカーで2つのジュースをシャカシャカとミックスし、
最後にグレナデンシロップを加え、おやじ特製ミックスジュースが出来上がり!

これまで何度か「おやじシェーカーズ」をやってきた経験から
グレープジュースを選択肢に加えると、
多くの子ども達はグレープジュースを選びます。
しかし、グレープジュースで特製ミックスジュースを作ると
最後に加えるグレナデンシロップの色が映えず、
ちょっと残念な感じになるのです。
なので今回は、敢えてグレープジュースを用意しませんでした。
おやじがシャカシャカとシェーカーを振る姿を珍しそうに見つめる子どもに、
グレナデンシロップを加え、そっとミックスジュースを渡すと
「わ~、きれい!」と言ってくれるじゃないですか。
嬉しいですねぇ!
HIMG0675.jpg
(結構おとうさんが来場してくれています!)

もう一つ嬉しかったのが、薪割りを交代してくれたお兄さん、
演劇ユニットを主宰している品田裕介さんがおやじシェーカーズの
看板作成(?)を書いてくれました。
品田さん、ありがとうございます!
DSC05984.jpg
(緑の画用紙の看板:品田さん作)

2時間で約100杯。いやいや結構でました。



= 13:00~14:00 爽快@西社会教育会館 =

餅つき後、児童館2階の西社会教育会館の1室をお借りし、
1時間という短い時間でしたが、念願の爽快(総会)を
参加者5名で開催することができました。

おやじの部屋・みたか組には決まり事がほとんどありません。
なので会計など事務的なことについていくつか確認でき、
事務局としてはこれだけでも助かりました。
しかし、「ゆ~るく活動できることが大事だ」ということが、
おやじ達共通の認識であることが確認できました。
ゆ~るく活動するためには会則は不必要。
このことが爽快での一番の成果かな!?

*爽快の開催にあたり、餅つき大会の後片付けができず、
申し訳ございませんでした。



= 15:00~17:00 第6回おやじのえほんよみきかせ@星と森と絵本の家 =

今回も2部構成で読み聞かせを行いました。

第1部は斜めに日が射す庭で行いました。
1番手として河本が「たろうのともだち」(絵:堀内誠一)を読みました。
この本は数度しか読んでいないのでドキドキでした。

次は角間さんの紙芝居。
子どもたちもかけ声で参加し、盛り上がりました!
HIMG0688.jpg

第1部最後は荻野さん。
荻野さんのお子さん、お父さんがみんなの前で絵本を読むのが誇らしいのか、
お友達と一緒に絵本を読む荻野さんに絡みっぱなし。
「僕のパパなんだよ、すごいでしょ」と聞こえてきそうでした。
HIMG0692.jpg



休憩をはさみ、第2部はちゃぶ台を囲んで読み聞かせです。

まずは富岡さんの紙芝居からでした。
この紙芝居、この日のために用意して下さった富岡さんオリジナルの紙芝居です。
紙芝居の途中、不気味だけど妙に耳に残るおやじコーラス(?)
  「カイカイツブリ、カイツブリ」
が入りました。
HIMG0703.jpg
(この場面、河本のお気に入りです!)


次にフィンランドご出身のムーミンパパさんです。
ムーミンパパさんは北欧の絵本を読んで下さいました。
子ども達が食い入るように見ています!すごいです!
HIMG0709.jpg
(ムーミンパパさん、また宜しくお願いします!)


そして「うんちっち」の河本が、「うんちっち」で締めくくりました(笑)。
HIMG0714.jpg




この日は、朝から晩までてんこ盛りの内容でしたが、
このように活動を行うことができたのは多くの方のご協力のお陰です。

・西児童館の館長、職員をはじめ若いスタッフのみなさん
・西児童館「Jメイトよつば」のお母さん方
・「星と森と絵本の家」のみなさま
・一日私たちに同行して下さった「むさしのみたか市民テレビ局」のスタッフのみなさん
・私たちのお話を聞いて下さった「株式会社 アマゾン」澤井様
・何よりも私に一日自由な時間をくれた家族

みなさん、ありがとうございました。



しかし、これだけでは終わりませんでした、この日は。
この後「夜の部」へと続くのです・・・。

それはまた別のお話。



以上、レポートまとめ(事務局・河本)





●初参加メンバーより「おやじのえほんよみきかせ」の感想

一月初めておやじの部屋の絵本の読み聞かせに参加しました。絵本はもちろん好きで、何年間もうちで子供に読んであげています。以前に、自分の好きな絵本を子供達に伝えたいと思ったのですが、やっぱり紙芝居のほうが良いかなと迷いました。結局最初決めた通り、いくつかの絵本を選んで星と森と絵本の家に行きました。

星と森と絵本の家に着くと、そんな沢山の子供が読み聞かせに集まってきたのを見てとても嬉しかった。絵本の話をみんなちゃんと聞いてくれたので、絵本でかばんいっぱいになった僕もほっとしました。二冊まで外の庭で、三冊目から部屋の中で読むのはいいバラエテイーになったと思います。僕の番は四冊目の絵本になったので、少しベテランを見てからは一番だと感じました。

富岡さんのカイツブリという紙芝居がすごく面白かった。そのすぐ後は僕の番になると、みんなは次の話は何と期待してくれました。人の前で話すのは全然緊張はしてないのですが、それにしても初めてそんなに多くの子供を相手に、僕の読み方をどう分かってくれるのかなと心配したりはしました。しかし、読み始めると、もうそんな考えを忘れて、ちゃんとフィンダスとぺテルソンおじさんがやっていることに夢中になりました。あの小さくて丸いテーブルのすぐ向こう側に座った三人の子どもたちも夢中に聞いてくれて、部屋中の人も聞いてくれてとても楽しかった。やっぱりこの僕も読み聞かせが面白いかもと思ってもっとやりたくなりました。ぜひまた参加したいですね!

(ムーミンパパ)
スポンサーサイト
プロフィール

oyajiroommitaka

Author:oyajiroommitaka
【おやじの部屋・みたか組】
ブログサイトへようこそ!
カテゴリがメニューです。
そちらからご覧ください。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
FC2カウンター
検索フォーム