FC2ブログ

【昼の部】2020年「おやじによる絵本読み聞かせ講座」報告

昨年7月に開館10周年を迎えた「星と森と絵本の家」。つまり、おやじの部屋・みたか組も絵本を10年間読んできたことになります。

おやじたちは「絵本ぐらい」と軽い気持ちで、適当に読み聞かせを行ってきたわけで、「高尚な想いを抱いて」だとか、「子どもたちに絵本の素晴らしい世界観を伝えるため鍛錬を行う」だとかはありません。

しかし、10年続けてきたわけだし、なにかしら特別なスキルを身につけたのではなかろうかと、アルコールが適度に回りちょっと気分が良くなった夏の飲み会で、なんだか立派な勘違いをし、それで、

  おやじの絵本読み聞かせ講座
    日時 : 2月22日(土) 15:30-16:45
    場所 : 星と森と絵本の家

を開催することになりました。

20200222講座




そんな勘違いから開くことになった「おやじの絵本読み聞かせ講座」のプログラムは以下になります。

1.開始の挨拶・自己紹介
2.座学
3.絵本選び
4.実習「おやじのえほんよみきかせ」
5.終了
6.移動後、懇親会

2番目の「座学」では、以下のようなことをお伝えしました。
・読み聞かせが育てるもの
・本の選び方のコツ
・読み聞かせのコツ:基本編
・読み聞かせのコツ①子ども巻き込みタイプ
・読み聞かせのコツ②ストーリー聞かせタイプ
・読み聞かせのコツ③絵を見せるタイプ
・緊急対応のコツ①子どもの集中力が途切れてきた
・緊急対応のコツ②子どもがガンガン話しかけてきて収集つかなくなる



さてさて、当日、老若男女20数名の方が参加してくださいました。

上記のテーマだけざっくりと決め、あとは流れに任せてという、いつもの「おやじのえほんよみきかせ」と同じような緩い感じで行われました。それでも参加者からのナイスな質問があったり、2名の受講者(Sさん、Iさん)が読み聞かせに挑戦してくれたりで、会としては大成功だったと思っています。たぶん。

そして懇親会では、絵本をツールとし地域の多世代間をつなぎあわせるということについて意見を交わすことができ、多変有意義な時間となりました。Sさん、夜遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

このようにアウトプットすることは、これまでやってきたことを整理するよい機会となりました。またアウトプットすることで、逆にインプットになることがわかりました。今回限りでなく、いつになるかわかりませんがまた実施できればと思います。

最後になりますが、この講座を開催するにあたりご尽力いただきました「星と森と絵本の家」の職員の皆様には、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。



スポンサーサイト



プロフィール

oyajiroommitaka

Author:oyajiroommitaka
【おやじの部屋・みたか組】
ブログサイトへようこそ!
カテゴリがメニューです。
そちらからご覧ください。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
FC2カウンター
検索フォーム