父子家庭への児童扶養手当支給決定

NPO法人ファザーリング・ジャパン発行のメルマガを転載させていただきます。父子家庭支援に関する内容です。
助けを求めている人の声に耳をかたむけ、問題解決に向けて動いてくださいまして、ありがとうございます。素晴らしい。
みなさん、どうそ、ニュースのリンク先や「フレンチトースト基金」「全国父子家庭支援団体連絡会」のサイトをご覧ください。
おやじの部屋・みたか組も父子家庭支援への取り組みを応援しています。(事務局:富岡)



                ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 転載ここから ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


――――――――【FJ NEWS Vol.91】―――――2009/12/24号

みなさま、こんにちは。
NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)代表の安藤です。

昨夜、うれしいニュースが飛び込んできました。

23日に行われた、国の2010年度当初予算をめぐる大臣折衝にて、
父子家庭への児童扶養手当支給が決まったのです!
ニュースサイトへのリンク1
ニュースサイトへのリンク2

FJでは「シングルファザーも笑って子育てができる環境づくりを!」という理念のもと、今年から父子家庭支援事業を展開。「フレンチトースト基金」を創設し、経済的に困窮する父子家庭を支援する活動をしてきました。

夏の総選挙において民主党マニフェストに「父子家庭へ児童扶養手当を支給する」という項目が乗り、政権交代。「これで実現か」と喜んでいましたが、例の事業仕分けで「先延ばし」の様相が強くなり、大変心配していました。

でもその後、FJ会員のシングルパパを中心として「全国父子家庭支援団体連絡協議会(全父子連)」なる組織も立ち上がり、そのメンバー(子どもたちも!)による熱いロビー活動のおかげで、ようやく支給が決まったのです。

1月からの通常国会を経て正式に決まりますが、この経済支援によって家計を支えるために仕事を掛け持ちしているシングルパパたちの負担が和らぎ、子どもと向き合う時間も増えるでしょう。

FJとしても、本当にうれしい成果(ミッション達成)です。^^v

フレンチトースト基金へ寄付をしていただいた皆さん、この問題を取り上げてくれたメディアの皆さん、そしてFJ会員はじめ、関心を寄せてFJや全父子連へエールを送っていただいたすべての方に厚く御礼申し上げます。また、約束を守ってくれた民主党、社民党の皆さん。さらにご尽力いただいた厚労省、内閣府の皆さんにも感謝です。

父子家庭の子どもたちにとって、最高のクリスマスプレゼントになりました!

スポンサーサイト

【昼の部・飛び入り編】「子育て寺子屋クリスマス会」(2009.12.09)

子育て寺子屋さんのクリスマス会にお声かけ頂き、
絵本の読み聞かせ、おやじシェーカーズのミックスジュースを
振る舞いました。

子育て寺子屋の名和さん、今回は初めてお会いしましたが、
実はずっとお会いしたかったのです。
それは名和さんの素敵なコラムを読んだから!

さて今回の読み聞かせで男の子たちに大好評だった『うんちっち』
楽しいのは子どもたちだけでなく、実は読んでいる私も楽しかったのです。

きまり文句の「うんちっち」。

この言葉を発する前、子どもたちの目は、キラキラしているだけでなく、
いたずらっぽさ、いや違いますね、男同士のなんと表現すればよいのでしょうか、
「さあ親分、例のヤツ、ビシッと決めて下さいよ!」
というような視線を感じるのです。

そしたら、こちらも嬉しくなり
「まってろよ、ビシッと決めてやるからな!」
と目線をかえすわけです。

私の勝手な妄想かもしれませんが、絵本のストーリーと平行して
私の頭の中にはもう一つのストーリーが展開していました(笑)。


絵本の読み聞かせ、特に勉強したわけではなく全くの自己流です。
なので、いつもこんな感じで、私自身、楽しませて頂いています。


(事務局:河本敏志)




20091209_1.jpg
↑ママさんてづくりのクリスマスツリーにみんなで飾り付け。にぎやかです。

20091209_2.jpg
↑パティシエママさんてづくりのクリスマスケーキ。うまかったです。

20091209_3.jpg
↑みんなで輪になって手あそび。河本さんが紙持ってお手伝い。

20091209_4.jpg
↑さてさて、どれをよもうかな。

20091209_5.jpg
↑「みんなもっと近くに来て」とお願いして、さあ「おやじのえほんよみきかせ」のはじまりはじまり。

20091209_6.jpg
↑「オオカミはこたえました……」

その次のページをめくると↓

20091209_7.jpg
↑「うんちっち」
これで子どもたちはにんまり笑います。作・絵:ステファニー・ブレイクの『うんちっち』は、河本さんの十八番です。


20091209_8.jpg
↑子どもだけでなくママたちも笑っています。

20091209_9.jpg
作: 谷川俊太郎/絵: 広瀬弦の『まり』

20091209_10.jpg
↑「おやじシェーカーズ」フルーツジュースのカクテルが子どもたちに人気でした。

20091209_11.jpg
↑最後に記念撮影。カメラマンの梶さん、さすが、いい写真です。ありがとうございます。



●事務局より

今回、クリスマス会におじゃまさせていただきました「子育て寺子屋」ってなあに? ←よんでみてください。
名和英海(なわえいかい)さんが代表をつとめています。
もし「子育て寺子屋」さんの活動にご興味あれば、月2回ひらかれるイベントに参加してみてはいかがでしょうか?
活動拠点は西方寺というところで、国立天文台三鷹キャンパス正門の前になります。誰にでもひらかれた場で、イベントには、特に幼児期のお子さんとママの参加が多いようです。みんながみんなを助け合ったり、みんなで何かをかたちにしたりする姿が、みていて気持ちいいです。今回のクリスマス会も、この場に集うママさんたちの企画でした。ということで、わたしたちは「おやじのえほんよみきかせ」をやらせていただいたことに感謝します。みなさん、ありがとうございました。帰りに子どもたちから「また来てねー、おやじ!!!」といわれたので、また絵本を持ってあそびに行きたいと思います。よろしくお願いします。

P.S. 最後には、河本さんは子どもたちに「うんちっち」と呼ばれていました。


(事務局:富岡史棋)
プロフィール

oyajiroommitaka

Author:oyajiroommitaka
【おやじの部屋・みたか組】
ブログサイトへようこそ!
カテゴリがメニューです。
そちらからご覧ください。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
FC2カウンター
検索フォーム